既婚バイのHIV記録

HIVに感染した既婚バイの思いのまま記録するブログです。
エイズ発症はなくほぼ普通に生きています。
これからの人生とこれまでの人生、今の自分、家族、仕事など、思いのままつぶやいていきます。

初めての悪夢

副作用いまごろ?

って、自分でも驚きですが、先日、

初めて、悪夢を 認識しました。


僕は、寝付きがよく、睡眠の質が極めて良いのが自慢です。


だから、普段は夢なんか見ないです。

眠りが少し浅い時もありますが、そんな時でも、目が覚めた瞬間、見ていた夢の内容は忘れてしまいます。


ところが、アメリカ滞在中に、3日続けて、ポルターガイストのような夢をみました。


姿がみえないけれども、誰かが、部屋の中でこちらを襲いかからんとばかりに、狙っている雰囲気の夢です。


実際、この3回の夢も、先日、4回目を見るまでは、忘れていましたし、気にもしていませんでした。


そんなある日の夜、久しぶりに、わが子と同じ部屋で寝ていたところ、寝入りと同時に、同じ夢の続き。


見えない誰が部屋中を駆け巡り、なぜか、部屋の隅に置いてあったアイロンが、僕をめがけて飛んできました。


と、思った瞬間、カーテンの向こうから、誰かが、襲ってくるのがわかったので、今は、懐かしい、織田無道の名言、「悪霊退散、悪霊退散、えい、やー!」みたいな、事を、大声で叫びました。


あまりに、大きな声、奇声だったのか、僕は、自分の声にビックリして目が覚めました。


隣で熟睡していたわが子も、ビックリして起き上がってました。


そして、


どうしたの?


と、妻が、リビングから、飛んできたのです。


よっぽどな大声だったと、わかりました。


その後、数日間は、また、夢をみていませんが、あ〜、もしかして、これが僕の場合の、副作用の悪夢の一種? なのかと、思います。


原因は?て、思えば、そういえば、アメリカで購入した、市販の解熱剤ならぬ痛みどめを飲んだ日がどうも該当しています。


薬剤師からは、市販の解熱薬とかなら、飲み合わせまずいのはないはず、と言われてたので、薬の成分気にせず飲みましたが、よく考えたら、日本の市販薬の話であって、アメリカの市販薬は、成分キツめだし、ちょいと意味合いちがったな、と、反省です。


人生で同じ夢をみたのは、かれこれ1回だけ。

小学4年生の時に、好きな女の子と裸で抱き合っていたシーン。


これから、キスして、その先は?


というとこで、目が覚めたので、


次の日に、続きが見れないかと、気合いで寝た日。


見事に、続きのシーンから、始まりました。


が、4年生では、実際のセックスのイメージがないので、裸で抱き合ったままの二人が、回転台の上で、ひたすら、キスしたまま、廻っているだけでした。


プラトニック的な。


また、悪夢みませんように。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。