既婚バイのHIV記録

HIVに感染した既婚バイの思いのまま記録するブログです。
エイズ発症はなくほぼ普通に生きています。
これからの人生とこれまでの人生、今の自分、家族、仕事など、思いのままつぶやいていきます。

日本人の豊かな心は失われてしまったのか?

先日はじめてわが子を抱っこしてローカル電車に乗りました。


〇〇の電車に乗りたい。と、最近ずつと言っていたので、もうそろそろ、普通の電車に乗せても良いかな、と思ったからです。


わが子を連れて飛行機や新幹線はよく乗りますが、近場の移動は、車かタクシーなので、ローカル電車に乗せたのは初めてのことでした。


しかも平日の多くの大手企業などの就業時間が終わる少し前。
まだラッシュ前かと思い、乗ってみました。


電車内は立っている人もまあまあいて、それなりに混んでいました。
乗った車両の入り口は、たまたま優先席の横のドアだったので、もしかしたら、
誰か席を譲ってくれる方がいるかなーって、いう、ほのかな期待を抱いたものです。


少なくとも、僕なら、妊婦やご老人、幼い子や幼い子のいる家族連れには、優先席に座っていなくとも、席は譲るからです。


わが子が生まれてからというもの、僕もローカル電車に乗る機会がほとんどなくなっていたので、数か月ぶりの電車でした。


しかしながら、誰も席を譲ってくれる気配はありません。


一駅すぎて、少し奥に移動し、優先席の前に立ちました。


中年のリーマン、若いOL、還暦前のおばさまあたりが座っていましたが、それでも、誰も気がつかないふりなのか、どうか、不明ですが、リーマンとOLはスマホをいじり、おばさまとは目があいましたが、そのままです。


正直、「終わってるな。」って、思いました。


そんなものなのかなーっても思いましたが、案外、目の当たりに、自分がそういう経験をするとショックなものです。


何がシヨツクなのかって、日本の教育って、学校にしろ、家庭にしろ、何を教えているのだろうって、本気で思えたことです。


これが最近の日本人の行動の大多数なら、本気で、恥ずかしい、と思いました。


というか、悲しかったです。


会社の妊娠中の女性スタッフも「マタニティーマーク」なんてつけてても、嫌な思いするだけだから、もうつけてません。って、この間言っていたのを思い出しました。


僕が思うに、基本的に思いやりのこころがあれば、電車やバスに


『優先席なんていらない』


と思うんです。むしろ、


『無いほうがまし』


というか、


『無くても譲るものでしょ』


って、思います。


もちろん、健常に見える方でも、術後だったりとか、内部障害があったりとか、骨折明けとか、その日たまたま具合が悪いとか、いろいろ人それぞれの事情が、それぞれあるのだとは思います。


そこは別としてもです。


気が付いた人が優先席とかに関係なく、座席を譲ってあげる、日本人の美しい心って、どこにいったんだろうって、思います。


優先席なんて、あっても無駄。


思いやる豊かな心がないのなら、何の意味もありません。


日本は発展が進み、ハード面は世界のどの国にも比較して、バリアフリー化も進み、
物理的・形式的には、かなり、行き届いた、やさしい国かもしれません。


でも、その反面、「心」がなくなりました。全く、ソフト面が哀れです。


人って、ハードではなく、ソフトで支えられるのが人なのではないの?


って、本当にそう思います。 


というか、そう思うのは僕だけではないのかもしれませんし、あってほしい。



そして、しばらくしていたら、少し、離れた普通の席にいた外国人の女性の方から、


『どうぞ座ってください。』と、


ジェスチャーときれいなフランス語で話しかけられ、席を指さされました。


唐突なフランス語でびっくりましたが、『ありがとうございます』と僕。


多少の日常フランス語会話は僕もできるのでフランス語でお礼を言いました。


が、その瞬間の出来事です。


その方が立ち上がった席と思われる座席に、50代だろう中年のリーマンが、サッと、座り、スマホをいじりだしました。


その外国人女性の連れの男性が、その譲る予定だった座席の前に立って少しガードしていたのかもしれませんが、リーマンは、座ってしまったようです。


そのリーマンの行動に驚いたのかあっけにとられたのか、外国人の男性は、なぜか、英語でしたが、


『ちょっと、君、この席は、あの子供連れの方に譲ったんだよ。』と、


言っていましたが、リーマンは、英語がわからないのか、状況がよめないのか、
まったくの知らんぷりです。


僕とその外国人の女性の方は、少し離れたところから、苦笑いしかありませんでした。


しかし、本当に、この国、終わったんじゃないかって、思った、瞬間でした。


『次の駅で降りるので、大丈夫ですよ』


と、その女性に伝えましたが、その女性も、なんだか、腑に落ちない、全体的な、そうした日本の光景に、ムッと来ていたように思えました。


僕だけならまだしも、遠く外国からわざわざ日本にいらっしゃつた親切な訪日者にも、少なからず嫌な思いをさせてしまう、現在の日本人の常識ってどうやったら改善されるのでしょうかね。


いろいろこの種のニュースは目にしますが、日本人に本当の「おもてなし」なんてできないんだなって思うと、ムナシクなります。


日本人の豊かな心って、どこに行ってしまったのでしょうかね。












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。