既婚バイのHIV記録

HIVに感染した既婚バイの思いのまま記録するブログです。
エイズ発症はなくほぼ普通に生きています。
これからの人生とこれまでの人生、今の自分、家族、仕事など、思いのままつぶやいていきます。

自由思想弾圧への道

共謀罪がよくわからないまま成立。


久々の死刑の罪はまとめて執行。


凶悪テロを起こしたカルト集団の首謀、主要実施部隊とはいえ、まとめて死刑執行となると、もはや、宗教弾圧にも見える。


制度がある以上は死刑実施は仕方がない。


でも、まとめてやる必要があったのだろうか。


元号変わる前に執行しておきたいのはわからないでもない。


そもそも恩赦特赦の対象になるのか?


対象から何とか外せばよいだけ。




しかし、


死刑制度はそもそも反対。


前にも書いたが、死刑は、明快な殺人。


加害者の人権がどうこう、という意味で反対なのではない。


死刑制度は、自己矛盾の極みだからである。


人を殺してはいけない、と決めてあるのだから、どのような理由があろうと、人を殺してしまう理由があるべきではない。




いやいや、それにしても、Aべちゃんの、理想の国に、どんどん、なっていく。


自分に都合の悪い人間は、共謀にはめこんで、どんどん、捌いていけるのだから。


独裁者の極み。


独裁者になるため、

独裁国家にすすむため、

なくてはならない合法な制度。


だから、北の大将やらトランプやらシベリアのプーさんとかわらない。



昔のように、


LGBT🏳️‍🌈の自由なんて、その気になれば、あっという間になくなる。


LGBTは投獄か死刑。


と、とある国のように規定もできる。


もっと進む? いや、もっと後退すると、


政権批判は投獄か死刑。


と、簡単に制度の導入や解釈で

決めてしまうことができる。



ああ、



日本の自由はどこへ。




国民に気がつかせないうちに政権は

着実にすすめていく。



恐るべき首謀者。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。