既婚バイのHIV記録

HIVに感染した既婚バイの思いのまま記録するブログです。
エイズ発症はなくほぼ普通に生きています。
これからの人生とこれまでの人生、今の自分、家族、仕事など、思いのままつぶやいていきます。

年末年始の喜憂

平成最後のお正月。


楽しいような、哀しいような、いつもの感じでバタバタと過ごしました。


高校1年の仲間、高校2年の仲間、高校の部活仲間、大学の仲間、大学時代のアルバイト仲間の集まりが、ほぼ必ず、と言って良い確度で毎年あります。


それぞれ、出席メンバーは毎回多少の入れ替わりはあれど、一度に10人前後は集まるから、まあどれも、仲が良かったグループだったのだなって。いまだに感心します。


これに、たまに、大学の留学仲間の集まりやら、中学の部活仲間の集まりやら、研究室メンバーの集まりなんかがあるから、全く時間が足りません。


加えて難解なのが、両家へのバランス配分を鑑みながら、毎年、それぞれに、顔をだしたりとなるので、年末年始休みは、正直、苦行です。


優先度はつけたくはないけど、ついてしまうのは仕方がないですよね。。



しかし、日本の年末年始の休みは、本当に短い。

前から思っていることですが、年末年始くらい、1カ月くらい休みをとれる日本社会全体になればと思うのは僕だけですかね?


それくらいの休みがある社会でないと、もはや豊かでもないし、持続 不可能 な社会の実現に向かって、ひた走っているだけだと思うのは僕だけですかね?


トランプ米国や近平チャイナが内需の強化に走っているのだから、その意味では、日本もそうすべきだと思う。のは、僕だけですかね?


内需拡大のために、内需のつながりが強化される社会に、今一度、日本は向かうべきだと思うのは僕だけですかね?


外交や貿易で他国と共存することが、日本にとって最善で、本当に必須なのか?

と僕は疑問に思います。


鎖国に賛成はしません。


ただ、日本国内で日本人が日本の為にやるべきことを、もう一度、見直してみる良いタイミングだと思う。


日本に資源やエネルギーがないというけど、本当にそうなのか?


って、僕は思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。