既婚バイのHIV記録

HIVに感染した既婚バイの思いのまま記録するブログです。
エイズ発症はなくほぼ普通に生きています。
これからの人生とこれまでの人生、今の自分、家族、仕事など、思いのままつぶやいていきます。

HIV予防薬

顔色悪くなったな。

って、思う今日この頃。


微妙に土色です。


陽灼けしたのかもしれないですが、薬の影響か? または、肝臓が弱ったか?


この出張中、朝はモーニングシャンパン、昼は、ランチビール、夜は、なんでも好きなものを毎日いただいています。


なので、肝臓かな。。


30歳前後のころの酒量に戻ってきたので、気をつけねば。


しかし、アメリカにくると、LGBTフリーな場所が、毎回、増えててビックリします。


超一流ホテルであっても、メインロータリー近くのflagポールには、星条旗、ホテルの旗、の次に、州の旗を押しのけて、レインボーの旗がゆらめいています。


街中、レインボーだらけなので、もはや、いらないのではないかと思います。


先日、7、8年ぶりに、あるLGBT向けのアプリをダウンロードして、開いて見ました。


すると、登録フォームの欄に、普通に、HIV ステイタス を記入する欄がありした。


おっ! て思いました。


必須項目ではないものの、普通にあるんだな、って驚きました。


で、アプリを覗いてみると、やはりアメリカだな。


HIV陰性者のなかに、HIV予防薬の服薬中、という人が、結構いました。


確かに、アメリカでは、予防的に、抗HIV薬の処方があるとは聞いてましたが、なかなか、数いるのと、それ、やってますって、オープンにしてる人が、たくさんいるからビックリです。


日本だと賛否わかれるでしょうが、明らかにカミングアウトしているような方には、こういう予防法は、効果有無の統計、臨床データを待つことなく、自己責任サインで、処方できるようにしてあげれたら、良いのになって思います。


そしたら、多少なりとも、薬価も下がるでしょうから、国や自治体の負担も減るでしょう。


もしかしたら、本当に、感染者が減るかもしれないし。


あー、今日もよく働いた。眠い。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。