既婚バイのHIV記録

HIVに感染した既婚バイの思いのまま記録するブログです。
エイズ発症はなくほぼ普通に生きています。
これからの人生とこれまでの人生、今の自分、家族、仕事など、思いのままつぶやいていきます。

わが子のまぼろし

病の進行なのか、ついに、幻覚?!


でもみたのかと思いました。


このあいだ、家の前に帰り着くと、エントランスに面影のある今時の若者が現れました。


えっ?!


まさか?


なんと、知らないうちに、久しぶりに、わが子が帰国していました。


しかも、とうとう色気づいたのか、シルバー?ゴールド?の頭。


なんで?


ま、そういう年頃なので仕方ないです。


というか、それでも、爽やかさと清潔感は持ち合わせていたのと、違和感なく似合っていたので、このさい、良いことにしておきます。


え、なんで、いるの?


と、思いましたが、すぐに察しはつきました。


言わなくて良い、と、妻には話していたのですが。。


病院からは、当初、最悪の場合は、長期入院になることと、状況によっては、確率は低いとはいえ、最悪、短期に死亡もありうる、伝えられていたので、何かあってはと、僕が入院したことを妻が伝えていたみたいです。


しばらくして、今は、大丈夫そうだから、帰国しなくても良いとは、わが子にあらためて伝えたようなのですが、


そりゃ、帰ってくるわ。


って感じです。


久しぶりにわが子をみると、また、身長が伸びてすらっとしてました。


今の子は発育がよくて、いいなって、改めて思います。


しかも、お肌スベスベ、ぴちぴちです。


相変わらずモテてるんだろうな、って、わが子ながらに、思います。


綺麗な顔立ちは、ずっと見ていても全然、飽きません。



ま、何より、学生って身分が、何かにつけ、羨ましい!


とりあえず、IQと骨格は妻の遺伝子。

運と勘の良さ、なんとかするEQは僕の遺伝子。


ま、悪くないバランスです。


当初、見た目めも、妻の遺伝子が優勢で、僕の遺伝子は全く感じませんでしたが、最近、とくに、見た目は、僕の遺伝子があるのが理解できる感じになってきました。


わが子には、僕の病気は伝えているので、どうも、どちらにしても、死んでまうんでは?

と、思ったようです。


しかし、ゆっくりして行けばいいのに。。


元気でね!


って言うと、もう、朝一には、いなくなりました。


2、3日、友達に会って、また、すぐに、出国するようです。


極めて自由。


こういうとこは、僕に似てます。


でも、わざわざ、会いに来てくれて、ありがとう。


嬉しかったよ。




ん?



飛行機のチケット代は、僕の口座からね。


はい、はい、わかりました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。